ジャッキを使用してお車を持ち上げるときは、正しい位置にジャッキを取り付けてください。
正しい位置に取り付けないと、車両が破損したり、けがをするおそれがあります。
ご自身でのタイヤの交換に不安がある場合は、トヨタ販売店にご相談ください。

ジャッキで車体を持ち上げる前に

知識

工具について

お客様の車にはタイヤパンク応急修理キットが標準装着のため、タイヤ交換に使用する以下の工具は搭載されていません。工具はトヨタ販売店で購入することができます。

  • 輪止め

  • ホイールボルトレンチ

  • ジャッキ

  • ジャッキハンドル

  • ガイドピン

  • ホイールボルトソケット

工具の位置

  1. ガイドピン
  2. けん引フック
  3. ホイールボルトレンチ
  4. ジャッキ
  5. ジャッキハンドル
  6. ホイールボルトソケット
※:

トヨタ販売店で購入することができます。詳しくは販売店におたずねください。

警告

ジャッキの使用について

次のことをお守りください。
ジャッキの取り扱いを誤ると、車が落下して重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

  • ジャッキはタイヤ交換・タイヤチェーン取り付け・取りはずし以外の目的で使用しない

  • 他の車のジャッキをお客様の車に使用しない

  • ジャッキはジャッキセット位置に正しくかける

  • ジャッキで支えられている車の下に体を入れない

  • 車がジャッキで支えられている状態で、EVシステムを始動したり車を走らせない

  • 車内に人を乗せたまま車を持ち上げない

  • 車を持ち上げるときは、ジャッキの上または下にものを置かない

  • 車を持ち上げるときは、タイヤ交換できる高さ以上に上げない

  • 車の下にもぐり込んで作業する場合は、ジャッキスタンドを使用する

  • 車を下げるときは、周囲に人がいないことを確認し、人がいるときは声をかけてから下げる

タイヤの取りはずし

  1. 輪止めをする

交換するタイヤ

輪止めの位置

左前輪

右側後輪うしろ

右前輪

左側後輪うしろ

左後輪

右側前輪前

右後輪

左側前輪前

※:

輪止めは、トヨタ販売店で購入することができます。

  1. ホイールボルトを少し(約1回転)ゆるめる
  2. ジャッキの部を手でまわして、図の位置にしっかりかける
    • フロント側

    • リヤ側

  3. ジャッキハンドルにホイールボルトレンチを取り付ける
  4. タイヤが地面から少し離れるまで、車体を上げる
  5. 最上部にあるホイールボルト1本を取りはずし、ガイドピンを手で締め付ける
    時計回りに回らなくなるまで締め付けます
  6. 残りのホイールボルトすべてを取りはずし、タイヤを取りはずす
    タイヤを直接地面に置くときは、ホイールの表面に傷が付かないよう表面を上にします。

警告

タイヤ交換について
  • 走行直後、ディスクホイールやブレーキまわりなどにはふれないでください
    走行直後のディスクホイールやブレーキまわりは高温になっているため、タイヤ交換などで手や足などがふれると、やけどをするおそれがあります。

  • 次のことをお守りいただかないとホイールボルトがゆるみ、ホイールがはずれ落ち、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

  • ホイールボルトとホイールの球面座部にオイルやグリースを塗らないでください。
    ホイールボルトを締めるときに必要以上に締め付けられ、ホイールボルトやホイールハブのめねじが破損したり、ディスクホイールが損傷するおそれがあります。
    またホイールボルトがゆるみホイールが落下して、重大な事故につながるおそれがあります。オイルやグリースが付いている場合はふき取ってください。

  • タイヤの取り付けには、使用しているホイール専用のホイールボルトを使用し、トヨタ純正品以外のホイールボルトなどは使用しないでください。

  • ホイールボルトのねじ部やホイールハブのめねじ、ホイールのボルト穴につぶれや亀裂などの異常がある場合は、トヨタ販売店で点検を受ける

ホイールボルトを締め付けるときは

ホイールボルトは過度に締め付けすぎないでください。ホイールボルトやホイールハブが破損したり、ディスクホイールが損傷する恐れがあります。

ガイドピンについて

タイヤを交換するときは、ガイドピンを使用してください。また、ガイドピンは樹脂製のため部以外にホイール載せたり、大きな負荷をかけると破損するおそれがあります。

パワーバックドア装着車のタイヤ交換について

タイヤ交換などをする際は、パワーバックドアの作動(→パワーバックドアの設定を変更するには(パワーバックドア装着車))を停止してください。停止しないと、誤ってパワーバックドアを作動させたときにバックドアが動き、指や手を挟んでけがをするおそれがあります。

タイヤの取りつけ

  1. ホイール接触面とホイールボルトの汚れをふき取る
    ホイール接触面が汚れていると、走行中にホイールボルトがゆるみ、タイヤがはずれるおそれがあります。
  2. ホイールの穴にガイドピンを通し、タイヤを取り付ける
    タイヤのホイールが接触面にあたるまで、しっかり取り付けてください。
  3. 手または、ホイールボルトソケットを使用し、ホイールボルトを軽く締め付ける
    タイヤを手で押さえ、落下させないようにしてください。
  4. ガイドピンを取り外し、ホイールボルトを手順3同様に軽く締め付ける
  5. 車体を下げる
  6. 図の番号順でホイールボルトを2、3度しっかり締め付ける
    締め付けトルク:
    140N・m(1430kgf・cm)
  7. すべての工具を収納する

合わせて見られているページ

このページは役に立ちましたか?