お手入れは、部位や素材にあった適切な方法で実施してください。

車内の手入れをするには

  • 掃除機などでほこりを取り除き、水またはぬるま湯を含ませた布でふき取る

  • 汚れが落ちない場合は、中性洗剤を水で約1% にうすめてやわらかい布に含ませふき取る
    水を浸した布を固くしぼり、表面に残った洗剤・水分をふき取る

知識

カーペットの洗浄について

カーペットは常に乾いた状態を保つことをおすすめします。洗浄には、市販の泡タイプクリーナーがご利用になれます。

スポンジまたはブラシを使用して泡をカーペットに広げ、円を描くように塗り込んでください。直接水をかけたりせず、ふき取ってから乾燥させてください。

シートベルトの取り扱いについて

刺激の少ない洗剤とぬるま湯で、布やスポンジを使って洗ってください。シートベルトのすり切れ・ほつれ・傷などを定期的に点検してください。

IRカットガラスについて
  • ドアガラスが汚れているときは、早めに水またはぬるま湯を含ませた布で軽くふいて清掃してください。

  • ドアガラスの汚れがひどいときは、ドアガラスの開閉をくり返さないでください。

警告

車両への水の浸入
  • 車内に水をかけたり液体をこぼしたりしないでください。電気部品などに水がかかると、故障や車両火災につながるおそれがあり危険です。

  • SRS エアバッグの構成部品や配線をぬらさないでください。(→SRSエアバッグ
    電気の不具合により、エアバッグが展開したり、正常に機能しなくなり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

★:

グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

内装の手入れをするときは(特にインストルメントパネル)

艶出しワックスや艶出しクリーナーを使用しないでください。インストルメントパネルがフロントウインドウガラスへ映り込み、運転者の視界をさまたげ思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

注意

清掃するとき使用する溶剤について
  • 変色・しみ・塗装はがれの原因になるため、次の溶剤は使用しないでください。

    • シート以外の部分:ベンジン・ガソリンなどの有機溶剤や酸性またはアルカリ性の溶剤・染色剤・漂白剤

    • シート部分:シンナー・ベンジン・アルコール・その他のアルカリ性や酸性の溶剤

  • 艶出しワックスや艶出しクリーナーを使用しないでください。インストルメントパネルやその他内装の塗装のはがれ・溶解・変形の原因になるおそれがあります。

床に水がかかると

水で洗わないでください。
オーディオやフロアカーペット下にある電気部品に水がかかると、車の故障の原因になったり、ボデーが錆びるおそれがあります。

フロントウインドウガラスの内側を掃除するときは

前方カメラのレンズに、ガラスクリーナーが付着しないようにしてください。
また、レンズにはふれないでください。(→Toyota Safety Senseで使用するセンサー

リヤウインドウガラスの内側を掃除するときは
  • 熱線やアンテナを損傷するおそれがあるため、ガラスクリーナーなどを使わず、熱線やアンテナにそって水またはぬるま湯を含ませた布で軽くふいてください。

  • 熱線やアンテナを引っかいたり、損傷させないように気を付けてください。

IR カットガラスを清掃するときは

ドアガラスを清掃するときは、コンパウンドまたは研磨剤入り用品(ガラスクリーナー・洗剤・ワックスなど)を使用しないでください。コーティングを損傷させるおそれがあります。

サテン仕上げ金属コーティング部分の手入れをするには

  • 水で湿らせたやわらかい布または合成セーム皮で汚れをふき取る

  • 乾いたやわらかい布で表面に残った水分を完全にふき取る

知識

サテン仕上げ金属コーティング部分のお手入れについて

表面に本物の金属層を使用していますので、普段のお手入れが大切です。汚れたまま長い間放置すると、汚れが落ちにくくなります。

革部分の手入れをするには

本革部分の手入れ

  • 掃除機などでほこりや砂を取り除く

  • うすめた洗剤をやわらかい布に含ませ、よごれをふき取る

    ウール用の中性洗剤を水で約5 % にうすめて使用してください。

  • 水を浸した布を固くしぼり、表面に残った洗剤をふき取る

  • 乾いたやわらかい布で表面の水分をふき取り、風通しのよい日陰で乾燥させる

知識

本革部分のお手入れの目安

品質を長く保つため、年に2回程度の定期的なお手入れをおすすめします。

注意

革の傷みを避けるために

皮革の表面の劣化や損傷を避けるために次のことをお守りください。

  • 革に付着したほこりや砂はすぐに取り除く

  • 直射日光に長時間さらさないようにする
    特に夏場は日陰で車を保管する

  • ビニール製・プラスチック製・ワックス含有のものは、車内が高温になると革に張り付くおそれがあるため、革張りの上に置かない

合成皮革部分の手入れ

  • 掃除機などでほこりを取り除く

  • 中性洗剤を水で約1%に薄めてやわらかい布に含ませふき取る

  • 水を浸した布を固くしぼり、表面に残った洗剤・水分をふき取る

ファブリック部分の手入れをするには

  • 掃除機や粘着テープなどでほこりを取り除く

    但し、助手席エアバッグオーナメント付近のほこりは、手で取り除いてください

  • 水を浸した布を固くしぼり、汚れをふき取る

    クリーナー等の洗剤を使用しないでください

  • 輻射ヒーター装着車:輻射ヒーター(→輻射ヒーター) のファブリック部分を強く擦らない

合わせて見られているページ

このページは役に立ちましたか?