車外から解錠/施錠するには

スマートエントリー&スタートシステムを使用する

電子キーを携帯して操作します。

  1. ハンドルを握って解錠する
    ハンドル裏面のセンサー部に確実に触れてください。
    施錠操作後3秒間は解錠できません。
  2. ドアハンドル上側のロックセンサー部(ハンドルのくぼみ部)にふれ施錠する
    必ず施錠されたことを確認してください。

ワイヤレス機能を使用する

  1. 全ドアを施錠する
    必ず施錠されたことを確認してください。
    押し続けるとドアガラスとムーンルーフが閉まります。
  2. 全ドアを解錠する
    押し続けるとドアガラスとムーンルーフが開きます。
※:

トヨタ販売店での設定変更が必要です。

★:

グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

知識

降車オートロック機能
※:

トヨタ販売店での設定変更が必要です。

次の手順で車から離れることで、自動で施錠することができます。

  1. 電子キーを携帯して降車し、すべてのドアを閉める
    車内に電子キーがあると施錠できません。車内にあるすべての電子キーを携帯してください。
  2. 電子キーの作動範囲内(→作動範囲(電子キーの検知エリア))でブザーが“ピピッ”と鳴るまで待機する
    降車オートロック待機状態になります。
  3. 降車オートロック待機状態になったら、電子キーの作動範囲から離れる
    すべてのドアが施錠され、作動の合図でお知らせします。(→作動の合図
    約1分間電子キーの作動範囲から離れなかったときは、警告ブザーが鳴り、降車オートロック待機状態が解除されます。
    この場合は、ドアを開閉することで降車オートロック待機状態にもどります。
降車オートロック機能を一時的に非作動にするには

降車オートロック待機状態のときに電子キーを携帯し、ブザーが“ピッピー”と鳴るまでドアハンドルを握り続けることで、降車オートロック機能を非作動にすることができます。

降車オートロック機能を一時的に非作動にした場合、次の操作のあとドアを開閉することで作動可能状態にもどります。

  • ドアを施錠・解錠する

  • ハイブリッドシステムを始動する

解錠するドアを切りかえるには

ワイヤレスリモコンを使用して、スマートエントリー&スタートシステムで解錠できるドアの設定を切りかえることができます。切りかえ操作は、車内または車から約1m 以内の範囲で実施してください。

  1. パワースイッチをOFFにする
  2. キー表面のインジケーターが消灯しているときにボタンと同時に、またはのいずれかを約5秒間押し続ける

操作を行うごとに次のように設定が切りかわります。(続けて切りかえ操作を行う場合は、ボタンから手を離したあと5秒以上間隔をあけてから手順2を行ってください)

マルチインフォメーションディスプレイ表示/ブザー音

解錠できるドア

車外:“ピピッ”
(3回)

運転席のドアハンドルを握ると運転席のみ解錠

助手席のドアハンドル・リヤドアのドアハンドルを握ると全席解錠

車外:“ピピッ”
(2回)

フロントドアのドアハンドル・リヤドアのドアハンドルを握ると全席解錠

オートアラームの誤作動防止のため、登録後はいったんワイヤレスリモコンで解錠し、ドアを開閉してください。(ボタンを押して30秒以内にドアを開けなかった場合は、ドアが再び施錠されオートアラームが設定されます)
オートアラームが作動し警報が鳴ってしまったときは、作動を停止する操作を行ってください。(→オートアラームを解除/停止するには

★:

グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

衝撃感知ドアロック解除システム

車両が前後左右から強い衝撃を受けると、すべてのドアが解錠されます。
衝撃の度合いや事故の状況によっては作動しないことがあります。

作動の合図

ドアの施錠・解錠を、ブザーと非常点滅灯の点滅で知らせます。(施錠は1回、解錠は2回)

ドアガラスとムーンルーフの開閉をブザーで知らせます。

★:

グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

解錠操作のセキュリティ機能

解錠操作後、約30秒以内にドアを開けなかったときは、盗難防止のため自動的に施錠されます。

セキュリティ機能で施錠されたとき、電子キーの位置によって室内の作動範囲内に電子キーがあると検知されると、再度解錠されることがあります。

ドアハンドル上部のロックセンサーで施錠できないとき

上下のロックセンサー部に同時にふれてください。
手袋を着用しているときは、手袋をはずしてください。

半ドア警告ブザー

次のような場合、半ドア警告ブザーが鳴ります。すべてのドアを完全に閉めてから、もう一度施錠してください。

  • スマートエントリー&スタートシステムで施錠操作をしたときに、施錠しようとしたドア以外のドアが開いていた

  • ワイヤレス機能で施錠操作をしたときに、いずれかのドアが開いていた

オートアラームの設定制御

施錠するとオートアラームが設定されます。(→オートアラームを設定/解除/停止する

スマートエントリー&スタートシステムやワイヤレスリモコンが正常に働かないおそれのあるとき

機能が正常に働かないおそれのある状況

スマートエントリー&スタートシステムやワイヤレスリモコンが正常に作動しないとき
リヤシートリマインダー機能
  • リヤシートへの荷物の置き忘れなどを防止するため、次の操作を行ってからパワースイッチをOFF にするとブザーが鳴り、約6 秒間マルチインフォメーションディスプレイにメッセージが表示されます。

    • リヤドアを開閉したあと約10 分以内にハイブリッドシステムを始動した

    • ハイブリッドシステムが始動している状態でリヤドアを開閉した

      ただし、リヤドアを開けてから約2 秒以内にリヤドアを閉めたときは、リヤシートリマインダー機能は作動しません。

  • リヤシートリマインダー機能は、リヤドアの開閉によりリヤシートに荷物などを載せたと判断します。そのため使い方によっては、リヤシートに荷物などを置き忘れていてもリヤシートリマインダー機能が作動しないなど、実際の状況とは異なる作動をする場合があります。

  • リヤシートリマインダー機能の作動/非作動を設定できます。(→ユーザーカスタマイズ機能一覧

補機バッテリーがあがったときは

スマートエントリー&スタートシステムでドアを施錠・解錠することができない場合があります。

ワイヤレスリモコン、またはメカニカルキーを使ってドアの施錠・解錠をしてください。(→ドアの施錠・解錠、トランクの解錠

カスタマイズ機能

キー操作によって解錠されるドアの設定などを変更できます。
(カスタマイズ一覧:→ユーザーカスタマイズ機能一覧

警告

事故を防ぐために

運転中は次のことを必ずお守りください。
お守りいただかないと、不意にドアが開き車外に放り出されるなど、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

  • すべてのドアを確実に閉め、施錠する

  • 走行中はドア内側のドアレバーを引かない
    特に、運転席はドアロックボタンが施錠側になっていてもドアが開くため、注意してください。

  • お子さまをリヤ席に乗せるときは、チャイルドプロテクターを使用して車内からドアが開かないようにする

ドアを開閉するときの留意事項

傾斜地・ドアと壁などのあいだが狭い場所・強風など、周囲の状況を確認し、予期せぬ動きにも対処できるよう、ドアハンドルを確実に保持してドアを開閉してください。

ワイヤレスリモコンを使ってドアガラスやムーンルーフを操作するとき

ドアガラスやムーンルーフに人が挟まれるおそれがないことを確認してから操作してください。またお子さまには、ワイヤレスリモコンによる操作をさせないでください。お子さまや他の人がドアガラスやムーンルーフに挟まれたり巻き込まれたりするおそれがあります。

★:

グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

車内から解錠/施錠するには

ドアロックスイッチを使用する

  1. 全ドアを施錠する
  2. 全ドアを解錠する

ロックレバーを使用する

  1. ドアを施錠する
  2. ドアを解錠する
    運転席ドアは、ロックレバーが施錠側になっていても、車内のドアレバーを引くと開きます。

知識

キーを使わずに外側からフロント席を施錠するには
  1. ロックレバーを施錠側にする
  2. ドアハンドルを引いたままドアを閉める

パワースイッチがACCまたはONのときや車内に電子キーが放置されているときは施錠されません。ただし、キーが正しく検知されずに施錠される場合があります。

イージークローザー(パワートランクリッド装着車)

リヤドアが半ドア状態になったとき、イージークローザーが作動し自動で完全に閉まります。

  • パワースイッチがOFF になっていても、イージークローザーは作動します。

  • 車内のリヤドアハンドルや車外のリヤドアハンドルを引いたままリヤドアを閉めたときは、イージークローザーは作動しません。

  • イージークローザーが作動中でも、車内のリヤドアハンドルや車外のリヤドアハンドルを引いてリヤドアを開けることができます(ドアロックレバーやチャイルドプロテクターが施錠側のときを除く)。

  • イージークローザーでリヤドアが閉まったあと数秒間モーター音が聞こえますが、異常ではありません。

半ドア走行時警告ブザー

全ドア、ボンネットまたはトランクが確実に閉まっていない状態のまま、車速が約5km/hをこえると警告ブザーが鳴り、開いているドア、ボンネットまたはトランクがマルチインフォメーションディスプレイに表示されます。

警告

イージークローザーについて(パワートランクリッド装着車)
  • リヤドアが半ドア状態になったとき、イージークローザーが働き自動で完全に閉まります。また、作動し始めるまでに数秒かかります。指などをドアのあいだに挟まないように注意してください。骨折など重大な傷害を受けるおそれがあり危険です。

  • リヤのドアロックレバーやチャイルドプロテクターが施錠側になっているドアは、イージークローザーの作動を停止できないため、特にご注意ください。

注意

イージークローザーの故障を防ぐために(パワートランクリッド装着車)

ひんぱんにリヤドアの開閉をくり返したり、イージークローザーの作動中にリヤドアに無理な力をかけないでください。

チャイルドプロテクター

施錠側にすると、リヤ席ドアが車内から開かなくなります。

  1. 解錠
  2. 施錠
    お子さまが車内からリヤ席ドアを開けられないようにできます。両側のリヤ席ドアを施錠側にしてください。

知識

チャイルドプロテクター使用時のドアの開け方

ドアを解錠して車外のドアハンドルを引くと開きます。万一、車内から開ける場合は、ドアガラスを下げて手を出し、車外のドアハンドルを引いてください。

オートドアロック・アンロック機能

次の機能を設定・解除することができます。

設定変更のしかたについては、設定を変更するにはを参照してください。

機能

作動内容

車速感応オートドアロック

速度が約20km/h以上になると全ドアが施錠されます。

シフト操作連動ドアロック

ハイブリッドシステム作動中にシフトポジションをP から動かすと全ドアが施錠されます。

シフト操作連動アンロック

シフトポジションをP にしたとき全ドアが解錠されます。

運転席ドア開連動アンロック

パワースイッチをOFFにしてから約45秒以内に運転席ドアを開けると全ドアが解錠されます。

合わせて見られているページ

このページは役に立ちましたか?