• 室内装備・機能
  • その他の室内装備の使い方

サンバイザーを使うには

  1. 前方をさえぎるには、バイザーを下ろす
  2. 側方をさえぎるには、バイザーを下ろした状態でフックからはずし、横へまわす

バニティミラーを使うには

カバーをスライドして開ける

アクセサリーソケットを使うには

DC12 V/10 A(消費電力120W)未満の電気製品を使用するときの電源としてお使いください。

電気製品を使用するときは、すべてのアクセサリーソケットに接続されている電気製品の消費電力合計を120W未満にしてください。

インストルメントパネル

フタを開けて使用する

知識

アクセサリーソケットを使用するとき

エンジンスイッチがACC、ONまたはマルチメディアシステムの電源がONのとき

エンジンスイッチをOFFにするとき

モバイルバッテリーなどの、充電機能を備えた電気製品をはずしてください。

接続したままにしておくと、エンジンスイッチを正常にOFFすることができなくなる場合があります。

注意

ヒューズが切れるのを防ぐために

DC12V/10A(消費電力120W)以上の電気製品を使用しないでください。

ショートや故障を防ぐために

アクセサリーソケットに異物が入ったり、飲料水などがかかったりしないように、使用しないときはフタを閉めておいてください。

バッテリーあがりを防止するために

エンジンが停止した状態でアクセサリーソケットを長時間使用しないでください。

充電用USB Type-C端子を使うには

DC5V/3A(消費電力15.75W)の電源としてお使いください。
このUSB Type-C端子は充電専用でありデータ転送などは行えません。
また、使用する機器によっては、正常に充電できない場合があります。ご使用になる機器に付属の取扱説明書もお読みください。

USB Type-Aの使用方法については別冊「マルチメディア取扱説明書」を参照してください。

充電用USB Type-C端子を使用するには

  • インストルメントパネル(マルチメディアシステム非装着車)

    フタを開けて使用する

  • インストルメントパネル(マルチメディアシステム装着車)

    フタを開けて使用する

  • 運転席後方

    ★:

    グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

知識

充電用USB Type-C端子の作動条件

エンジンスイッチがACC、ONまたはマルチメディアシステムの電源がONのとき

充電用USB Type-C端子が正常に働かないおそれのある状況
  • DC5V/3A(消費電力15.75W)をこえる電力を要求する機器を接続したとき

  • パソコンと通信を行う機器を接続したとき

  • 接続機器の電源がOFFのとき(機器により異なります)

  • 炎天下に駐車したあとなど、車室内の温度が高いとき

充電ケーブルなどを使用するときには
  • 充電ケーブルなどがシフトレバーに引っかからないことを確認してください

  • 充電ケーブルなどをシフトレバーに巻き付けないでください

使用する外部機器について

一部の機器では、充電中に充電がいったん停止後、再充電を開始する場合がありますが、故障ではありません。

注意

充電用USB Type-C端子の損傷を防ぐために
  • 端子部に異物を入れないでください。

  • 水や液体をかけないでください。

  • 充電用USB Type-C端子を使わないときはフタを必ず閉じてください。端子部に異物や液体が入ると故障やショートの原因になります。

  • 強い力や衝撃を加えないでください。

  • 分解や改造、取りはずしをしないでください。

外部機器の損傷を防ぐために
  • 機器を車室内に放置しないでください。車室内が高温となり、故障の原因となります。

  • 機器が接続されているときに、外部機器や外部機器のケーブルを押し下げたり、不要な力を加えたりしないでください。

バッテリーあがりを防ぐために

エンジンが停止した状態で、充電用USB Type-C端子を長時間使用しないでください。

後席用サンシェードを使うには

★:

グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

ツマミをしっかりと持って引き出し、フックにかける

もどすときはフックからはずし、しっかりと持ったままゆっくり収納します。

注意

正常に機能させるために

次のことをお守りください。

  • 開閉のさまたげになる部分にものを置かない

  • 後席用サンシェードにものを貼らない

  • 後席用サンシェードをフックにかけているときに過度の負荷をかけない

  • スライドドアが開閉しているときは、後席用サンシェードを操作しない

  • 収納するときに傾けた状態で収納しない
    傾けた状態で収納すると、スクリーン部のしわの原因になります。

後席用サンシェードの破損を防止するために

次のことをお守りください。

  • フックが片方はずれた状態で使用しない
    スライドドアを開閉するときに後席用サンシェードが破損するおそれがあります。

  • フックにかけた状態でスクリーン部をひっぱらない
    スクリーン部が破損するおそれがあります。

アームレストを使うには

★:

グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

手前に倒して使用する

買い物フックを使うには

  • インストルメントパネル

    下側を押してフックを起こす

  • アームレスト

    ★:

    グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

注意

買い物フックの損傷を防ぐために

3kg以上のもの(インストルメントパネル部)、2kg以上のもの(アームレスト部)をフックに吊り下げないでください。

フックが折れたり、走行中にはずれたりするおそれがあります。

アシストグリップを使うには

  • 回転式

    天井に取り付けられているアシストグリップは、走行中にシートに座っている状態で体を支えるときにお使いください。

  • 固定式

    乗降時などでは、ピラーに取り付けられているアシストグリップをお使いください。

警告

アシストグリップについて(回転式)

乗降時やシートから立ち上がるときなどに使用しないでください。

注意

アシストグリップの破損を防ぐために

破損を防ぐために、アシストグリップに過度の負荷をかけないでください。

ステアリングスイッチ

ハンドルにあるスイッチで、オーディオや、ナビゲーションシステムを操作することができます。

装着されているオーディオ・ナビゲーションシステムによっては、操作が異なる場合があります。詳しくは製品に付属の取り扱い説明書をご覧ください。

警告

運転中の操作について

運転中にステアリングスイッチを操作するときは、十分注意してください。

合わせて見られているページ

このページは役に立ちましたか?